パルル parlwr

パルル parlwr

スケジュール:アート

ライブ ウィル・ガスリー / 古池寿浩 / 宇波拓

2月14日(水)
開場 18:00  開演 19:00
予約1,800円/当日2,300円
(入場の際に1ドリンクの注文をお願いします)

御予約・お問い合わせ:パルル canolfan@mac.com

ウィル・ガスリー:
オーストラリア出身、フランス・ナント在住のドラム/パーカッション奏者。ドラム、パーカッション、ジャンク、エレクトロニクスを組み合わせた、ライブでのインプロビゼーションから、スタジオでの作曲作品まで、多彩な活動を展開。ジャン=リュック・ギオネ、クレイトン・トーマスとのフリージャズトリオ”THE AMES ROOM”、観客一人のために演奏するプロジェクト”Solo for 1 person”のほか、マーク・フェル、ロスコー・ミッチェル、キース・ロウ、オレン・アンバーチ、ホン・チュルキといった様々なアーティストとコラボレーションしている。
http://www.will-guthrie.com
https://www.youtube.com/watch?v=xTEEuWlDOyU
https://www.youtube.com/watch?v=E4Fa-lI_oJ0

古池寿浩:
トロンボーン担当。即興演奏によるセッション、および多彩な音色を用いたソロ演奏などを中心に、ジャンルを問わず独自のトロンボーン演奏を追求。近年はエレクトロニクスを用いた演奏も模索中。自己のトリオバンド「ふいご(中尾勘二reeds、関島岳郎tuba)」では作曲も担当。その他に中尾勘二トリオ、藤井郷子オーケストラ東京、などのバンドで演奏したりしています。現在名古屋在住。
www7b.biglobe.ne.jp/~fuigokoike/

宇波拓:
1976年生まれ。東京出身。90年代後半より主に実験音楽の分野で演奏活動を開始。ディプレッシヴ・イージーリスニング・グループHOSEのリーダー、ギタリストとして活動。かえる目、ホンタテドリ、中尾勘二トリオ、THEY LIVE、Skylark quartetなどのグループに参加。映画音楽作品に『ロスト★マイウェイ』(04/古澤健監督)、『一万年、後….。』(07/沖島勲監督)、『海のふた』(14/豊島圭介監督)、『お盆の弟』(15/大崎章監督)、『海辺の生と死』『月子』(17/越川道夫監督)ほか。演出家・松井周率いる劇団「サンプル」の舞台音楽を担当。山下澄人+飴屋法水『を待ちながら』に音楽家として参加。近年の音楽作品に、生物学者Jarrod Fowlerとの≪Species pluralis≫(16/No Schools Recordings)、Graham Lambkinとの≪The Whistler≫(17/erstwhile records)、電子音楽作品≪cloud of unknowning≫(17/tenseless music)など。また、サウンドエンジニアとして数々の録音作品に携わる。


TOP